それを愛と語るのは簡単だ。愛は喜びであり、哀しみであり、時に憎しみでもあり、またある日には虚無であり、満ち足りた孤独でもある。それを愛と一言で語るのは簡単だ。