読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ISO400

写真のためだけに一生懸命歩いて帰って来たが足がつりそうである。 ちゃんと真っ直ぐにしようかなーと思ったんだけど、これはこれでいい気がしてきたのですまる

日曜の朝は動きたくないね

ねすぎた

考えて見ればずっとたいしてコミュニケーションをする機会がなかったんだから人付き合いが下手くそなのはしかたがないことなのだろう。億劫がっていてはいけないのかもしれない。

大きなこども、早く大人になりたい。

あれはやめておいたほうがいいとか、これはおすすめしないとかそういうことは言えるんだけれども、誰かがやっていることを笑う根拠に使われるのは嫌だなと思う。 教えるというのは難しいもので、現状をみてここをこうすれば良くなるよということしか、究極的…

慣れるのはよいことかもしれない。でも少し、寂しい。 Tu n’as pas sommeil/あんたは眠りたくないんだ Le froid, la soif, la dalle, t’as tout/寒くて喉が渇いて、そのうえ腹も減ってるのに Mais tu n’as pas sommeil/それでも眠りたくないんだ Ta mere, ta…

突然の雨とその街角。

静寂を恐れる人々の中で沈黙を保っている。

土日になるまでなにもできないという閉塞感があるのに、土曜日に約束を入れてしまうとまた次の一週間を息を止めて過ごさねばならないような気持ちになってしまう。自由になりたい。休みがほしい。お金もほしい。

寂しい気持ちは、永遠に消えない。

削ぎ落とした言葉だけでいい。 感情の発露をためらわない。

(Fujifilm X-M1/XF 35mm f1.4/ISO400, 35mm, f2.0, 1/125) モヤットモヤット

(Pentax SP2/SMC Takumar 55mm f1.8/Fujifilm Pro400H)どんなにお金があっても、 どんなに時間があっても、 躊躇することがある。 生き方。

しかしどこからどう見ても十年前に比べて目がでかくなっているんだが……肌のハリがなくなったせいなのか?

久々に会心作(あじさい限定)

一体何を見ていたのか、全く思い出せない。そんな日がある。

その国に雨はふらない。

重なり重なる。その先がどこに続くのか僕は知らない。

まだあんのかよ、北京