読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日向だけを歩いているわけではなく、日陰だけを歩いているわけでもない。 先は見えないし、この先が山の上につながっているとも限らない。明日死ぬかもしれないし、死なないかもしれない。今日は間違っていたと思ったことも明日には正しいと思えるかもしれな…

うーしんど。肩もげそう。

田舎では風邪を引く若者が増えている 今朝来た寒気の片隅に書いていた だけども問題は今日の飯 箸がない いかなくちゃ キングストンに行かなくちゃ 箸ひとつ買うにも三十分バスに乗らねばならない生活である

彼ははじめの二十年は苦難を糧にして育った。残りの二十年は苦難に骨を砕かれ死んでいった。その人生が、すっかり彼の心を老けさせてしまったのだ。その年月は長い。そして二度と、取り戻せない。

唐突に、冬が去ったことに気づいた。