Nikon D750

ちょっといくと知らない景色に出くわす

だいぶ日が長くなったね

白が来て赤が来て、緑が来る

簡易型全天空星図

枯れ木に花を咲かせる

しらんひと「このバスって降りる場所で料金ちがいますか?」 しらんひと「さあ…ちがうんですか?」 おれ「わかんないです。。。」役に立たねぇ… みんな目的地が同じでしたとさ。

日付間違えてたかと思ってドキッとした。あぶない。

雪に色めき立つのであった。

太陽を追いかけて走れ。

結局もっと図々しくならないとこの世は生き抜いていけないのだな。それでいいのかな。

わんわんお。かわいいなぁかわいいなぁ

東京を眺める。

ソファかった。

ついにきた。 アクメファーニチャーのソファ。生地は青緑のヘンリーボーンなのでACMEのアメリカンインテリアテイストからすこし離れ、ユーロピアンぽさも感じる。 嬉しくて撮りまくる俺なのであった。 肘掛けのところが可愛いよね。 ソファのこといろいろ調…

なんだかとっても体が冷たいので、これでどうだと買ってみたひつじさんかわいい

春風、ずるいぞ。

すくすくと育ちます。育ちません。

そんな空を見たいのよ

ちょっと色が濃すぎたんだけど、でも好き。

交差するストリート。 で、で、でー、スーパーで面白いもん見つけた。 じゃーん。何かわからないと思うが、クロワッサンキットである。キットと言ってもなかに生地があり、あとは丸めてやくだけ! 作り方は英語で書いてるけど絵を見ればだいたい分かる(まぁ…

俺はクソ面白くない冗談を面白くないと言っているのに何度も言う奴が嫌いなんだよ

新しい朝に。

耳に心地いいと思っていた声が煩わしく思えたり、明るい冗談が気に障ったり、頼れると思ったところが押し付けがましく思ったり、相手も自分も変わり続ける。人生なんてそんなもの。

今年は冬が長い。

わからないことを知ろうとする勇気を知性という

一人の行動は楽なのだ。疲れたら座ればいいし、寒ければあたたかいところにいけばいいし、お腹が空いたらのどが渇いたら店に入ればいい。どうしても食べたいものがあれば探せばいいし妥協も全部自分次第だ。他人はめんどくさい。

めんどくさがりに明日はないのか。

生気が戻ってきたみたい。

のぼりみち、くだりみち すわりこみ、たちあがる。

日向だけを歩いているわけではなく、日陰だけを歩いているわけでもない。 先は見えないし、この先が山の上につながっているとも限らない。明日死ぬかもしれないし、死なないかもしれない。今日は間違っていたと思ったことも明日には正しいと思えるかもしれな…

うーしんど。肩もげそう。

田舎では風邪を引く若者が増えている 今朝来た寒気の片隅に書いていた だけども問題は今日の飯 箸がない いかなくちゃ キングストンに行かなくちゃ 箸ひとつ買うにも三十分バスに乗らねばならない生活である

なにも変わっていないような気がするのに、些細なことに傷ついたり動揺することがなくなった。知らないうちに一歩、一歩と死に向かって歩み続ける日々だ。 で、で、でーストーンヘンジ行ってきた。イギリス来たなら最初に行っとけやという感じだが結構とおい…

日曜の朝は動きたくないね

ねすぎた

考えて見ればずっとたいしてコミュニケーションをする機会がなかったんだから人付き合いが下手くそなのはしかたがないことなのだろう。億劫がっていてはいけないのかもしれない。

ま、一人よりはだれかいるほうがずっといい

大きなこども、早く大人になりたい。

センスってなんだろう

ちょいちょい写真テクニック系の記事やTipsなどをかいているせいか、技術も大切だけどセンスはそれを凌駕するみたいなブコメを見ることがある。センスってなんだろう。ぱっと構図を決められることなら、それは技術と訓練と学習のたまものだ。 良い被写体を見…

あれはやめておいたほうがいいとか、これはおすすめしないとかそういうことは言えるんだけれども、誰かがやっていることを笑う根拠に使われるのは嫌だなと思う。 教えるというのは難しいもので、現状をみてここをこうすれば良くなるよということしか、究極的…

あ、この人英語喋れん人やということだけはすぐに分かるのだった。

一般的に見れば僕は自由の国で育ったとされる。それはなにものにも妨げられることはなかったし、これからもそうであると、一般的には思われている。 だが、実際のところ、自由を所与とみなした時から不自由は始まるのである。誰も自由について吟味をしなくな…

ついてくどこまでついてく コスタカフェは飲み物、プレタモンジェは食い物、ネロはソファ、スタバはカロリーという辺りにお国柄があらわれてますね— 斧田 小夜 (@pigya) February 14, 2015調べたらCaffe NeroもPret A Mangerもイギリス資本だった……まぁCaffe…

とどのつまりぼくの特技は言語化なのだ、と思った。

隠し切れない生活感…

肉を焼くことだけを希望にして生きている。生きていればなんでもいい。

大きな子供。今日も頑張る。 それはそうとD750でスマフォからシャッター切るの楽しすぎ!シャッタースピードとかいじれたらもっといいんだけどなー

時々、彼らにとって日本はまだ遠い国なのだなぁと思うことがある

小さな発見と喜びをつれて歩くほかない。

初雪は二度来る

人には食べ物写真勧めてませんがもともとここ料理ブログですし