DSC_2715

少しずつ増やす。緑を。
緑世話できるほどの元気がないのである程度勝手に元気にしといてくれるやつにした。


さて告知です。
なんと、海外デビューしました(小説のはなし)。国内デビューまだだった気がするんだが?まあいいか。国内デビューも暖かくなるくらいには告知できるとおもう。できたらいいな。できるんじゃないかな。覚悟はしておけ。

んでまあ一本目は「だってせんたっきさんがくつしたたべちゃうんだもん」 翻訳 カメイトシヤ氏
The Washing Machine Ate the Socks - AntipodeanSF

日本語無料版は破滅派で公開していますが、書き直してもうちょっとちゃんとしたやつはKindleになっています。
だってせんたっきさんがくつしたたべちゃうんだもん | 斧田小夜 | 小説 | 破滅派|オンライン文芸誌

縫境の民

縫境の民


ここはオーストラリアのショートショートSF専門のところらしいです。一ヶ月はWebで公開、その後ポッドキャストとか書籍化とかする、らしい。SF書きなので大変に光栄です。


んでもう一本は「あの夜のこと(旧:ある記録)」翻訳 カメイトシヤ氏
Sayo Onoda - A Certain Record - EASTERN IOWA REVIEW

日本語版はもともと破滅派の合評会で、「パリでテロがあった」っていうお題のときにかいた掌編でした。御存知の通りおれは短いの書くの苦手なので(なので英語翻訳できるものも少ない)のだが、結構思い入れのある作品なので大変に嬉しい。なおかなり有料版ではかなり手を入れているので、ぜひお買い上げあれ。
ある記録 | 斧田小夜 | 小説 | 破滅派|オンライン文芸誌
もっかい貼ったれ。

縫境の民

縫境の民

こっちはEastern Iowa Reviewっていうサイトで、まぁ名前の通りアイオワの出版社らしいです。小説は投稿作からジャンルごとに月に1本程度を選出してWebに掲載するとのこと。俺のは2月の文学選出みたい。Best American EssayとかBest Small Fictionsとかの選考対象になれるもよう(あまり米の文学賞しらないのですごいのかどうかわからないが、多分すごいんだろう…)
カメイ氏にメルマガ転送してもらったけどむっちゃ難しい単語が出てきて読めない…けど俺が紹介されてるのはわかるぜ!

Our Online Fictions choice for February is a translation by Toshiya Kamei of Sayo Onoda's "A Certain Record." "On a piece of paper Nadine drew two ovals and added eyeballs. Soon bushy lashes appeared around the eyes. Then she drew a square around the ovals, covered the square with a large oval, and filled it with black. It was a niqab." This is an intriguing story which we enjoyed very much.

はあ~カメイ氏マジ神やで…あと破滅派もありがとう。破滅派がなかったら書いてなかったもんなあ。

2019年写真総括

DSC_2076

今年ももう終わりですね。ほんと色々あったのでいつになく長い年でしたが、今年はZ7を買ったのでよく写真を撮ったし、色んな所へ行った。。。と思う。ほんとは大判も使ってんだけど現像してる暇(と気力)がないの!本当、本当なのよ!


まあ例年通りレンズごとに振り返っていきますかね。

Nikkor Z 50mm f1.8S


今年の主力レンズ。こいつが本当にすごかった。そしてZ7+50mm f1.8Sの組み合わせが万能すぎて旅に最適すぎる。

DSC_1632

DSC_1574

DSC_2076

DSC_1922

DSC_1781

DSC_1629

DSC_1823

DSC_1969

ブータン楽しかったな。

DSC_1025

DSC_0949

DSC_1022

DSC_0926

台湾にも行ったな

DSC_1215

DSC_1181

DSC_1170

DSC_1107

DSC_1306

DSC_1196

イタリアも良かった(仕事だったから大変だったけど)


DSC_0411

DSC_0345

DSC_0075

DSC_2274

DSC_2264

DSC_1514
洗濯機も新しくなったし。。。
DSC_1497

DSC_0880

DSC_0796

DSC_0138

DSC_0527

DSC_2482

レビューには他の写真もあるよ。
wonodas.hatenadiary.com

Nikkor Z 85mm f1.8S

DSC_2385

DSC_2316

DSC_2358

DSC_2550

f:id:wonodas:20191027190855j:plain

数は少ないが、85mmもよい。キリッとしてる。

SIGMA 105mm f2.8EX Macro

00010034

このレンズは多分デジイチをもし今後手放すことがあっても使い続けると思う。本当にいいレンズ。

_DSC7162

_DSC7163

00010035

00010025

FH000003

f:id:wonodas:20191217004959j:plain

f:id:wonodas:20191228190930j:plain

SIGMA 50mm f1.4 ART

_DSC6520
持ち出しは減ったが物撮りには欠かせない。
_DSC6523

_DSC6616


_DSC6918

このボケ味は本当にきれいだなあ

Nikkor 85mm f1.8G

端の方はモヤモヤしがちだがピント面はカリッとしているので絵になる。意外とフィルムとの相性がいい。。。?
_DSC7234

00010026

00010028

00010027
このボケ方はあーニコンだなって感じですね。

_DSC7219
なんだかんだと好き。

Samyang 135mm f2

使いやすいレンズではないのだが、妙に写る。あと135mmは単純に楽しいのである。
_DSC6839
こってりしてるね

_DSC7387

Z7でも使える
DSC_1425
ただまあ使いやすくはない。

Zeiss Distagon 35mm f1.4

_DSC7255

DSC_1400
あんまり使ってないね。広角はやっぱりちょっと苦手。

Zenzanon 100mm f2.8

00010003

00010008
ことしはあんまり200つかわなかった。

00010001
ゆっくりじっくり使ってます。


過去の総括はこちら。
wonodas.hatenadiary.com
wonodas.hatenadiary.com
wonodas.hatenadiary.com
wonodas.hatenadiary.com
wonodas.hatenadiary.com
wonodas.hatenadiary.com
wonodas.hatenadiary.com
wonodas.hatenadiary.com
wonodas.hatenadiary.com


SP2とTopkon使ってないので来年は使っていきたい。あと現像する!するってば!

枯れずにSF創作講座を乗り切るためのOSEKKAI(最後にKindle本の宣伝もあるよ!)

DSC_2482

さて、そろそろ一年が終わるので今年のビッグイベントのことについても忘備録的に残しておこうかな。。。と。(偉そうなこと言えるほどなんかしたわけじゃないというか実はまだデビューしていないのでは。。。?なのだが)一応今年は二つの新人賞で賞取りました。

www.tsogen.co.jp
鴆の話ね。

school.genron.co.jp
こちらについては発表媒体とか特に決まってないので書籍化していただける奇特な方がいらっしゃいましたらぜひご連絡ください。TwitterのDMだと反応が早いです


で、先月今月とSF創作講座を応援するダルラジに出たわけだが、そういや大変だったよな~~~ということを思い出しました。大変ですよ、あの講座は。。。よくやってたなおれ。
SF創作講座 の検索結果 - あたし、めりーさん。今、あなたが心の中にいるわ。
あまりにも辛かったのか総括やってなかった。あとダルラジやったせいか現講座生の苦悩を見つけたのでおれも苦しい。

さっきも述べたが、このペースで書くのは非常にしんどい。それは時間的*10なものではなく、質的な問題だ。

第7回の講座(12月26日)のための覚書、いただいた感想、それからゴリラ人狼について - 宇部詠一(ubea1)のブログ

いやーほんとだよ。短編とはいえ一月に一本書くのって直しの時間がほとんどないのでかなり辛い。みんな専業作家じゃないから別の仕事やりながらとかだからね?後半入ると脳から変なの出てくるので別に辛くなくなってくるが、前半はほんときつい。

note.com

幸いなことにおれは第一回の梗概で選出されてるし、第二回にもうおれの好きなことやる!つって「飲鴆止渇」かいたら褒められて、「ギークに銃はいらない」でよかったという感想があったので、その後はかなり(精神的に)楽な状態で完走しました(脳内麻薬が出ていたとも言う)が、選ばれないとあのシステム辛いからね。。。というわけで心が折れないためのOSEKKAIを箇条書きで置いときます。

  • 初めの方で選出されとく
    • それができればくろうねーんだよバカ!
    • 前半はつかみがOKなやつかショートショートっぽいやつが選出されがちなので頑張る。他の人とかぶらないお題を選ぶ
    • 後半はキャラが確立されてくるのとみんなうまくなってくるのである程度ストーリーとしてきっちり定石を押さえたもののほうが選ばれやすい感じがする
    • ゲスト作家・ゲスト編集者に寄せるより大森さんに寄せたほうがいい
      • ゲスト作家はテクニック(構造とかアイデアの使い方とかストーリー運びとか)、ゲスト編集者は売れるかどうか、大森さんは読者視点で評価してることが多い気がするなあ。ただ毎回違う人が来るので寄せていくなら編集者か、毎回いる大森さんがやりやすいと思った
  • 早めに自分の好きな方向に振り切ったやつを書いて評価される
    • 評価されれば苦労ねーんだよバカ!
    • そういうときに限って酷評されてもつらいしまったく言及されなくても辛いし。。。なんだけど勇気を持って出したほうがいいと思う。
  • とにかく早めにちゃんとした実作を出しておく
    • 一回目は時間的に余裕があるのでやるなら一回目。ただ出す人が減ってくる後半のほうが見つけてもらいやすい可能性はある。
  • 差が出るのは実作(書ける人の場合は)
    • 梗概はあんまり差が出ないので、覚えられたいなら実作の質をあげていったほうがいい
  • ちゃんと推敲する
    • 提出日ぎりぎりに書き上がるなら、一週間早く始めれば提出日の一週間前に完成するはず。そこから少しでも直して良いものにすることが大切。
    • 第一稿を出すのはやめよう。話が全部終わってないのはいいが、書いたところまではちゃんと手直しを入れて出さないと自分の力量も上がってこないし
  • 自分でも面白くないアイデアは捨てる
    • 自分が最初の読者なのに自分ですら楽しめなかったら他の誰が楽しめるんだ
  • 梗概は肩の力を抜いて一時間程度で書く
    • 面白かったらちょっと直して出す
    • つまんなかったらやめる
  • どんなにやってもだめ。。。でもそれはnot for themであって、自分のせいじゃないかもしれないから、心が折れる前にやめちゃおう
    • 別のところに行けば評価されるかもしれないので気にしすぎない
    • 気になるんだけどな
    • それなりの金額出してるしな
  • 感想を気にしすぎない
    • お前らなんにもわかってねぇなバーカくらいの気持ちでいてもいいと思う
    • 複数人から同じ指摘されるときは直したほうがいいけど、そうじゃない場合は単にnot for youの可能性があるので腹落ちしないなら様子を見るか無視をする、というスタンスでいいと思う
  • 一年やったら一年休んだほうがいいと思う。しんどすぎるもんこのシステム。頭おかしなるわ
  • 休んだり、外側から見ることでわかってくることもあると思うし


なんか支離滅裂になってきたな。PTSDなのか?


というわけでそろそろ切り上げて宣伝で~す

縫境の民

縫境の民

いままで中長編しかなかったので、ご挨拶的な短編集があればな。。。と思ってテーマで集めました。

2012年に初めて書いた短編「およそ365日のひそやかな戦争」、春画日露戦争へ行く掌編(落語風)「春望」、ショートショート「だってせんたっきさんがくつしたたべちゃうんだもん」、貧乏エッセイ「夜明けを思う」、パリで起こったテロ後を描いた掌編「あの夜のこと」、SF創作講座の第九回(?)で書いた「ヴァルタヴァの寫眞師」、恋人が時差ポケットに落ちてしまった「ポケットの中にはただいまがひとつ」、失われた古代文明遺跡を探索する男の話(二次創作)「廃街」、計八編を収録しています。これがたったの250円? おトク~~~~
年始年末の暇な時間にでもどうぞ。