あたし、めりーさん。えーまだもうちょっとブータンいたいでやんすよ…なのである! その5

DSC_2076

帰れや(帰ってきたんだけども)

はじめから読みたい方はこちら
wonodas.hatenadiary.com


最後はタクツァン寺院です。タクは虎、ツァンは巣という意味で虎の顔に見える岩のところにお寺を立てたのでタクツァン寺院とよばれているらしい。まぁかなり高度が高くて険しい場所にある高尾山みたいなもんですね。ブータン人は必ずお参りに来るらしく、結構ガイド以外のブータン人も登ってた。あと観光客がめっちゃ多い。

DSC_2000
やはりガスがかかっている…雲の中にある三角のおやまにのぼります。ガワン君はついてこなかった。
DSC_2057

DSC_2001
DSC_2009
参道なので自作ストゥパ(石を7つ積み重ねている)がいっぱいある。隙きあらば小さなストゥパも岩陰に。

DSC_2010
DSC_2020
ここが四合目くらいかな。登り始めは写真に写ってる人と一緒だったんだけど、その後一時間半くらい差がついて、え?スティック持ってるのに?あきらめたの?って道すがら何度も聞かれた。諦めてねーし参拝したよ!
DSC_2023
端っこに写ってるのは地元のネパール人かな(民族衣装来てないがガイドもいないので)
けっこう本格的な登山道だが身軽すぎる…

DSC_2061
植生はやはり日本に似ているなあ…
DSC_2038
DSC_2037
登りきったところで階段を下る。つらい。
DSC_2040
コロボックルみたいになってるけどガイドさんです
DSC_2039
ソフトになっちゃってるけど寺院の一部です。
DSC_2045
滝!
DSC_2051
この階段を下ってきた
で、前方を見ると…
DSC_2027
DSC_2028-Pano
DSC_2052
きゃーーーー

なお寺院の中は撮影禁止なので写真はここまで。
DSC_2055
心が折れそうになる階段を登りかえして寺院に行きます。ホント大変だったぜ…
DSC_2056
帰りは晴れた。
九時くらいからのぼりはじめ、十三時くらいには下に降りていたので四時間かかったのかな?参拝したり帰りにカフェテリアで飯食ってるので実際は三時間くらいで上り下りしているが、これはペースが速すぎ。上りはともかく、下りも二時間位かけたほうがいいと思いますね…

というわけで熱中症に。まじで気持ちが悪くなったので一旦ホテルに戻り休憩することに…
で、そのホテルなんだけども。

DSC_2076
これ。
www.zhiwaling.com

DSC_2075
DSC_2074

外資じゃないホテルとしては唯一の五つ星ホテルなんだそーな。おれの部屋の前には仏間があった。内装がとにかくすごいし五つ星としてはそんなに追加料金かからずに泊まれるので大変によい。サービスはまぁブータンなんだけども(朝食のオムレツが辛いとか)お部屋がちょうひろくて庭もきれいで最高。

症状が改善したのでパロ・ゾンに行ったりガイドさんの友達とあったり農家で他のツアーの人と合流してご飯をかこんだりなど。
DSC_2083
DSC_2090
DSC_2092
なんかみんなでスマホ見てた。
DSC_2093
ちょっと照れている少年僧。
DSC_2097
DSC_2104


DSC_2108
なぜかガワン君がまめまめしくみんなに配膳する…なんなんだ君は(やる気でてきたのかガイドの資格のこととか聞いてた)。
おれはアラ(お酒)を飲まされていたがちょっと酸っぱくて好みじゃなかった。


ガイドさんとはずっと一緒にいるのでマジで仲良くなる。ブータン旅行にいってガイドと付き合うという話をやたら聞いたし、なんか付き合始めそうな人たちもいっぱい見かけたがそういうことなんだな~~。ガイドさんいわく、優秀な男性は海外に行ってしまう(ブータンは教育費がかからず、海外留学も国から奨学金が出るので優秀な人はみんな外へ行く)ので国内に男性がちょっと少ないんだそーな。で、女性のガイドさんはツアーできた外国人と付き合っちゃうんだってさ。それにしては日本人女性とブータン人男性の組み合わせがめちゃくちゃ多いのが気になるけど…

天候には恵まれなかったが、いいところでした。嵌まる人がいるわけわかる。ガイドさんに、次はボーイフレンド連れてきてよ、一緒に山の上で星を見ながらビールのんでキャンプしよ!って誘われてるので誰か行きましょう笑

あたし、めりーさん。まだちょっとブータンにいるわ その4

DSC_1922

今回の旅の目的は高地。なのでポプジカ・チェレラ峠・タクツァン寺院がメイン、さらにチェレラとタクツァンは最終日二日の目玉なのである!


後半戦が重い。



まぁともあれまたドチュラ峠を越えてティンプーを経由し、とにかくパロへ戻る。ドチュラ峠を越える時は大変涼しくてよいが、降りるとやはり暑いね。
DSC_1902
DSC_1903
おトイレがないのでドチュラ峠で一旦トイレ休憩。やはりガスがかかっていてヒマラヤは見えない…うーん雨季とはいえ運がなさすぎる…

DSC_1911
パロで雨具を買い、お昼をピックアップ。市内はまあアジアですねって感じ。ティンプーのほうがきれいかな。
DSC_1920
雨が来そうなので峠に向かう途中でピクニック。ブータン人はゴミをリサイクルするとかきれいにするとかいう概念がなく、穴に何でもボコボコ放り込むのでハエがひどい(そして気にしていない)。おれはきにするので虫除けシートでふきふきする。
なんかこれくらいから運転手のガワン君が紅茶入れてくれたり妙にまめまめしくなる。車の中で寝てばっかりだったから怒られたのかな…

DSC_1922
いーぬぅ!いいところにいるなぁ!
着くとガス…うーん、霊界につながってそうだ。なおブルーポピーがあんまりないからあっちに行ったほうがいいよって別のガイドからすすめられ、険しい道を選択することに…別にブルーポピーはわりとどうでもいいんだけどまぁいいか……

ちなみにおれの薬草の知識はこの本からです。自分が薬草を摘むことを考えながらあるいてみたりしたよ!

DSC_1926
雨を気にしつつ出発。いつもはついてこない運転手がなぜか先導する。

DSC_1931
DSC_1932
DSC_1935
はわわ~雰囲気~~~

DSC_1940
DSC_1959
ちっちゃめのワンコが二匹、ずっとついてきた。ニホンオオカミってこんな感じだったんちゃうかな。
ちょっと調べたけどブータンは山で隔絶されてるから犬も原種に近いらしい。たしかに柴犬みたいなカラーリングのやつが結構いたわ…(シベリアンハスキーもいたけども…
DSC_1971

DSC_1948
DSC_1955
DSC_1954
DSC_1958

かなり強く雨が降ったりやんだり…と思ってちょっと振り返ると峠が見えたり…うーんほんと運がないな。6月ならもうちょっと晴れてたかも。
ガイドさんも運転手も足が早くてずんずん行ってしまうので困る。そして相当本格的なトレッキングで、え???これ登山の用品必要だよね???となった。

DSC_1960
ガワン君、この表情からの…
DSC_1969
これである(画像をクレクレとねだられたのであげたら、翌日からさらにまめまめしくなってステッキ貸してくれたりした。なんなのこのおばさんみたいな態度だったくせに単純だなw

ガイドさんいわく「トイレットペーパーに印刷してやりたい」
おれ「毎日見たくない」


DSC_1970
DSC_1974
中央付近に人工物が見える。
DSC_1979
少し見下ろすと森林限界である。すごい…
さすがに寒いのとカメラ壊れたらいやなので引き返すことに。ドマ(ビンロウの木の実をなんかよくわかんないペーストを塗った胡椒の葉で包んで噛む。身体があたたまるということだが、かえって調べたら覚醒作用があるってあるんだけど。。。)いる?って言われたのでちょっと試してみたが二回噛んで断念した。不味すぎやろあれ…
雨が相当強くなってきたのでガワン君のふところにカメラを保護してもらい下山。


DSC_1923
身体が冷えたので、えーかげんな日本語をしゃべるおっちゃんのお店で紅茶をもらい、車の中でお着替え。そのあとガイドさんとメイクの話できゃっきゃしてたら運転手に早く着替えたいんだけどまだ終わんないの?みたいなことを言われた(ゾンカなのでわからない


その後なぜかガイドさんがビール工場行こうとかいうので行った。

DSC_1994
結構色んな種類がある。軽め。IPAもあった。
DSC_1996
撮って撮っていうけどこの日はあんまりうまく撮れなかった。
DSC_1991
DSC_1993

ウィートビール(要はビール)とライスビールとめちゃくちゃ辛いポテトチップス。おれはさらにもう一杯、ミルクスタウト。ほんのり甘くて美味しい。
しかしほんと辛いもん好きだなきみたちは…ガイドさんから旦那の愚痴をきいたり、ブータンの恋愛事情を聞かされたり、恋人の大切さを説かれたりする(ただし結婚はどうでもいいんじゃねみたいなかんじで斬新~~~って思った(ブータンは男女が合体した状態の仏像(?)があったりして性には割りと開放的みたい。男女のリレーションシップでゴッドのパワーが手に入るらしい(パワーワードが続出しすぎてくらくらするw
運転手はのめないので不貞腐れて車で寝てたみたい。

このあと顔の毛をなぜか抜かれたり、日本語の勉強してるガイドさんの友達のレストランに夕食食べに行ったりしてホテル…なんだけどこのホテルがすごーくいいのよ!次で書きます。

あたし、めりーさん。まだまだブータンにいるわ その3

ポプジカを満喫したので、次はプナカ一泊を経てパロのチェラレ峠を目指します。
プナカはデンサホテルっていう高級ホテルにお泊りするのが一番の楽しみだったが、満喫しすぎて写真を撮り忘れた。
DSC_1718
火事で焼けて修復中のお寺。このお寺の背後に風力発電所があったんだけど、ドライバーが峠攻めを満喫しすぎてたので止めてって言えなかった…
DSC_1715
河でなんか作業している。

プナカ自体は穀倉地帯で、棚田が美しいらしい。
DSC_1835
日本っぽいな…
DSC_1844
実家の近所にこういうとこある…
DSC_1843
DSC_1871
DSC_1841
お昼ご飯。素敵なカフェだった。ジェントルマンが給仕してくれる。

DSC_1854
台湾もそうだけど、竹を使うんだね。
DSC_1855

DSC_1858
チミラカンという子沢山のお坊さんを祀ったお寺のそばなので、こけしがたくさん売られている。習俗だから!不適切な画像じゃないから通報しないで!
あんまりプナカには興味がなかったが、美しさ随一というプナカ・ゾンには行ってみる。
DSC_1875
DSC_1880
DSC_1884
DSC_1885
DSC_1886
DSC_1889
DSC_1891
DSC_1893
DSC_1892
たしかにきれいなお寺。
DSC_1897

かなり高いところから水をまいておいてこの笑顔である。

f:id:wonodas:20190711203539j:plain
モダンなホテルでのんびり過ごすことに。

https://www.instagram.com/p/BzozetAgxx0/
キャッキャ


たぶんインド系の高級ホテル。モダンな雰囲気でWifiが強い。ご飯も美味しかった。こういうのもありだな…

一晩ゆっくりして高地の疲れを癒やしたら、また高地。最後の二日は標高4000メートル付近のトレッキングとタクツァン寺院までのトレッキングの二本立てだ!待ってろよ!

あたし、めりーさん。いまブータンにいるわ。 その2

で、で、で~念願のポプジカハイキング!

「カ」は谷を意味するらしいのでポプジ谷というのがただしいらしい。
なんかはるか昔に氷河で削られたU字谷があってオグロヅルの越冬地なんだって。おれは氷河で削られた地形を取材したかったので、遠いけど絶対行きたいです!ってお願いしたんだよねぇ。だって氷河だよ(日本にも氷河あるけども…)
ガイドさんの旅程になかったらしく、ちゃんと確認しなくちゃハイキングがなしになるところだった…あぶなかった。

DSC_1740
ハイキングのはじめは芋を栽培してる村からはじまる。いい橋だぜ。
DSC_1757
DSC_1765

森の中を抜ける。標高は高いが緯度が低いので心なしか日本っぽい。
DSC_1763
DSC_1770
DSC_1773
小一時間ほど歩くと見晴らし台へ…

DSC_1776
DSC_1779
ダルシンダルシン!
DSC_1786
DSC_1793
きゃーーー!
DSC_1803
DSC_1801
DSC_1797

明らかにおれのテンションが上りまくってるのでガイドさんが写真撮ったげようか?って…
オレ、トラレル、キライ、トル、スキ!みたいな英語を使うと、じゃぁ撮って撮って!だってさ。

DSC_1781
DSC_1799-2
タシさんっていうんだけど若い頃の石原さとみに似ている。びじん。

途中別のガイドさんにあって、お客さんとはぐれたんだけど見かけなかった?とか聞かれるなどする。そういや湿原でさまよってる集団がいたけど…なんでそうなるんだYo!w

DSC_1807
DSC_1809
DSC_1812
DSC_1814
氷河のあとは湿原になっちゃうんだなぁ……
この河を越えると車が迎えに来てくれている。雨が降ってきていたので助かったぜ…

DSC_1819
オグロヅルのカルマ君に会いに行ったら子猫が雨の音に驚いて外を見に来た。

DSC_1820
DSC_1821
濡れて寒かったのでホテルのストーブの前でガイドさんと二、三時間だべっていた。運転手は早々にゴからジャージに着替えてるし…

DSC_1823
翌朝の部屋からの景色。手前が氷河の削ったあと、奥は普通に扇状地かな?
すごい。

DSC_1827
帰り道にすごい雲海(奥にヒマラヤが)

DSC_1832
そして山の中に突如現れる天空の畑。生活どうしてるんだろう…



まだまだ続きます

あたし、めりーさん。今、ブータンにいるわ。 その1

DSC_1632

まぁもう帰ってきちゃったんですけどね。機内泊二回を含む七泊六日で行ってまいりました。なんで深夜便ばっかりなんだよぉ~
新国王が猪木に似てるとか幸せの国とか言われるブータンですが、おれがブータンを知ったのはそれよりもっと前で、「春を負う」を書いた以上は少なくとも一回取材に行かなければいけないなぁと思っていたのだった。

春を負う (破滅派)

春を負う (破滅派)

舞台は架空の星の山岳地帯であり、仏教ベースのアニミズム信仰が色濃い森林限界の村のお話で、ブータンとか日本の農村とか山窩とかチベットとかそのあたりの習俗をかなり参考にしている…んだけど森林限界のことはちょっと想像すぎるなぁってずっと思ってたんだよねぇ~~~~
今回まとまった休みが取れたので行ってきました。

ちなみにブータン鎖国しているので、旅行はツアー会社に頼まないといけないんだけど、日本からのツアーだと高いので現地のツアー会社を政府観光局のホームページから探した。
www.travel-to-bhutan.jp

ほんとはKeys to Bhutanが写真ツアーに慣れてそうだったので頼みたかったんだが、返事がブータンタイム(=遅い)だったので、対応がはやいドゥルック・サクラ・ツアーズにお願いしました。追加料金払えば日本語ガイドさんもいるみたいなんだけど、語学留学もかねて英語ガイドを頼んだ。別に英語うまくはならなかったが仲良くなれたからまあいいか…

keystobhutan.jp
druksakuratours.com

今回のガイドさんに直接頼めば次はもっと安くで行けるらしい…w

んでは写真だ写真。

DSC_1574
ドゥルックエアーとブータンエアラインしかないが、安くて早朝発のブータンエアラインを選ばないという選択肢はないよな。空港ついたら建物がお寺過ぎて笑った。
DSC_1575
ターンテーブルのところにはゾンの模型が。

その後ガイドさんと運転手さんと落ち合ってティンプーへ移動。
DSC_1578
織物は日本と同じだけど腰で固定して座ってやるやつのほうを実演していた。つづれ織りとか平織りとか。機織り楽しいけど毎日やるのは辛いからなあ~特につづれ織りは大変だわ。
DSC_1582
DSC_1579

DSC_1586
ティンプーは日程の都合という感じだったのであんまりおれに覇気がなく、ガイドさんとも打ち解けていないので当たり障りのない観光地へ。これはメモリアルチョルテン。

DSC_1587
出勤する前にマニ者のそばに老人を置いていき、帰りに拾って帰るのがブータンのデイリー老人ホームらしい。
DSC_1595
DSC_1594
バターランプ。

そして跪坐ではアジアで一番でかい仏像を見に行き…
DSC_1604
額には本物のダイアモンドがはめ込んであるらしい。どんだけだよw

DSC_1610
あ、この雪獅子、おっぱいがあるぞ!メスだ!

そしてお昼。
DSC_1614
二日目くらいまではルール通りガイドさんたちとは食事が別だったのだが、途中からまあいいかって感じで一緒に食べるようになった。

お昼くらいから雨がふりはじめたがとりあえず薬草とか医院を見に行ったり(写真禁止)、市場を見に行ったり(予定表になかったはずでは。。。?)
DSC_1624
DSC_1629
DSC_1632

さらに紙漉きを見に行ったり…(予定になかったはずでは。。。?)
DSC_1638
DSC_1646
DSC_1648

そしてホテル!
DSC_1656
いいね―いいね―この雰囲気。Wifi弱いしインド人がうるさいけど…
暑かったのでシャワー浴びて身を清めてからタシチョン・ゾンへ(ティンプーの要塞で国王が毎日働きに来るらしい)
DSC_1658
DSC_1665
DSC_1668

キングス・エントランスがあるよってガイドさんが言ってた。王様も九時五時ではたらくんだってさ。健康的~~~

ポプジカへ

ポプジカはティンプーとは違う県にあるので、途中でイミグレーション(?)がある
イミグレーションを無事通り、ドチュラ峠で一服。3000メートルを越えているので坂道を登るとめっちゃ息が切れる。
DSC_1687
DSC_1693
雲がなければヒマラヤ山脈が見えるらしいが…うーん、残念。

DSC_1708
道すがら鹿をみつける。奈良のと違ってでけぇな…。鹿は仏教的には重要な獣だが、ブータンではあんまり見かけないらしくたまたま通りかかったお坊さんとかも車を止めて見学していた。なんだなんだw
その後峠を下っていくと、落石で事故ってる車があったりして……鹿と遭遇したおかげで避けられたのかな…
プナカは横目に通り過ぎ、はるばる山道を走ってポプジカへ…の前にお昼。
DSC_1721
ここフリーWifiもあるしいいとこだった。ごはんもおいしかった。
常に似たようなご飯が出るのであんまりとってないが、宗教上ベジタリアンが非常に多い国なので野菜料理は野菜だけ、肉料理は肉だけとなっていてベジタリアンと一緒に食卓を囲むことができる。なるほどな~信仰ってこういうものなんだなあと思った。ちなみに唐辛子はスパイスなのでどっちにも入ってます。あとじゃがいもは肉。


DSC_1722
一番奥にある野菜の天麩羅みたいなのが美味しい。


ポプジカのハイキングの前にガンテ・ゴンパへ。17世紀のお寺で宿坊がある。
DSC_1726
お坊さんは全体的にムッチリしている。というかブータン人めちゃくちゃ米食うので、全体的にみんなむっちりしている。
DSC_1733
抽象画みたいになっちまいやがって…

さてさて、その後はお待ちかねのポプジカハイキング!なのだが、長くなるのでエントリ分けます