読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソ写真をギリギリ人に見せられるレベルにするためのベター・プラクティス

今回は水平・垂直があってない!編。ついでなのでHDRぽくしちゃうよぽくぽく。 まずクソ写真を用意します。 (Nikon D90/Sigma28mm f1.8Macro/f2.8 )お、おう…と言いたいレベルのクソ写真です。なおフランスばっかなのはこの時の俺のレベルが推して知るべしだ…

クソ写真を人に見せられるレベルにする -オールドレンズ編-

オールドレンズを使っていて特に困るのがデジタルに対応していないがための画質の劣化です。ハレーションがめちゃくちゃ出る、ゴーストが飛びまくる、ソフトフォーカスがかかったようになる、色収差が派手に出る、色乗りが悪い…などなど。フルサイズ機でどう…

クソ画像をちょっとは見れるようにするベタープラクティス -色収差編-

今回はたいしてクソ画像じゃないですが、オールドレンズを使っていると色収差が出まくるのでその対処法です。 Df使う人とか結構困ってるんじゃなかろうか。そうでもないのかな? まず画像を用意します 背景の黒はもっと黒く落とし、玉ボケは綺麗に出したいと…

超絶クソな写真をぎりぎり人前に出せるレベルにするベター・プラクティス -人肌編-

相変わらずクソな写真が沢山あるのでいっぱいプラクティスしたいとおもいます。今回は人肌。 人肌って意外に難しくて、特に男性が撮った写真だとモデルさんの肌がトゥルトゥルになりすぎてて透明感が消えてたり、かなりオレンジが残っててくすんで見えたりす…

超絶クソな写真をぎりぎり人前に出せるレベルにするベター・プラクティス -暗すぎる編-

使うものはLightroomとPhotoscapeです。Lightroom4を使用してますが、5でもやることはたいして変わらないと思います。ただ5のほうが便利。 まずクソ画像を用意します セッティングもあっていないし、構図もクソだし、斜めっているし、どこに出しても恥ずかし…