創作

何気なくその背中を追いかけていた。どこにでもいる風のひとだった。電車から降りたらすぐにイメージもろとも消えてしまうような、そういうどこにでもいる風のひとだった。目で追いかけていたのも暇だったからだ。 地下鉄の電車の窓ガラスは鏡になっている。…