読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐぎぎ。カレーのストックが尽きた…

始業時間とはなんだったのか。

かなり忙しい時は焼きそば、もうどうしようもない時はカレー。 カレー続きの毎日です。

ばるばるしている

あの時いただいたフィルムです(水蛇の背をかいておられるid:badさんから220フィルムをいただきました。ありがとうございますありがとうございます!)。22枚撮って一枚も外さなかった。この打率の高さは一体…。ちなみに散々のせてる梅の写真は大体府中郷土の…

鋸山行ってきた

そういえば行ったことなかったんで久里浜から出るフェリーにのって行ってみた。鋸山が千葉で一番標高の高い山だということはわりと有名だが、千葉三大名山に数えられているらしい…高尾山にもうちょっとだけ登山要素がプラスされた感じと思ってください。 久…

今週ちょっと仕事しすぎ…

それどこの餃子会参加しました

srdk.rakuten.jp一人1500円だったのか……そんなことがあっていいのかというくらい贅を尽くしていたのに…! なんでだかよくわかんないんですけどお誘いいただいたんで参加しました。ぶち猫さんことid:buchineko_okawariさんのごはんが食べられるなら僕はどこで…

ノルマンディーみたいな木。

お腹痛くて一回休み。

申し送り事項良く見たら、フィルムにカビがってかいてあったけどこれはカビじゃなくて仕様だよ! www.lomography.jprevologのvolvox(volvoxとは緑藻のことらしい)を使用したもの。思ってた以上に花との相性が良かったのであった。

今日F100でディスタゴン使ってまた思ったんだけどぴんくぴーと…じゃなかったピントピークめっちゃつかみやすい

なんでもない空、はたらく空。

今年に入ってから忙しすぎて目はどこ行ったって感じ

遊びのあいつが返ってきた。(こいつ*1です) *1:一位のやつ

永代橋のはなし

永代橋が好きである。橋の両端のスロープがカーブしているので橋から出てくる車の動きがダイナミックに見えるところが特に気に入っているのである。ちなみにもう一個上流にある清瀬橋も清澄側の入り口(?)がものすごくカーブを描いていて、車高の高い車(…

ぎゅーんとドーピング。

ざわざわとする

はい。レンズ買おうかどうしようか迷ったのだが、台所の器具の不足を感じる毎日なので。

すごいものを読んでしまった。不滅のあなたへ(1) (週刊少年マガジンコミックス)作者: 大今良時出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/01/17メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る

やっといまさら、サクラってハイキーで撮ったほうが良いことに気づいたのであった。

まだまだ寒い毎日ですが元気にお過ごしのようです

めずらしいフィルム見つけた。はよ使いたい。bergger.com

気圧が下がってつらい。雪でも降れば元気になるのに。

朝ごはん。もう少し緑がほしいが胃が追いつかない。

こう見えてもまだ寒い。

おしりぷりぷり。かわいい。

二、三粒たべると舌がびりびりしてくるやばい食い物である。

春が来ている。

できたてホヤホヤのリンゴ煮(比喩でない)と冷たいアイス(バンホーテン)

行ってみたとこ、いっぱいあるよ とりあえず宣伝宣伝。寄稿しました。いっぱい家自慢してくださいっていわれたんで!(言われてない hikakujoho.com なんかまだデジタルの設定がうまく行ってなくてね、色合いがちょうどよく出ないんですよね。一旦電気色を全…

ストーリー性のある写真ってなんだろう

こちらから言及していただいていたようなのでちょっとストーリー性について考えてみる。 www.kikikomi.info 一口に言ってしまえば「ストーリー性」っていうのは時間を感じられるとか、何かを想起させられるっていうことなんだと思うんですよね。つまりストー…

歯磨きしながら見たもの。 ちょっとテストです

ついイメージだけに頼って確認するのを忘れてしまう 本当は違うってこと、いっぱいあるのに

ごく少数の人々に話すのならなんてことはないが、顔が見えなくなるととたんに難しくなる。

別に主張をやめたわけではないのだが。

もうちょっと、なんというか違うんだよなぁ

楽な方へ逃げてしまって良くない。氷上のクラウン(2) (アフタヌーンコミックス)作者: タヤマ碧出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/01/06メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るそういえばかいてなかった気がするがこれがすごい。「おいていかな…

ちょっといくと知らない景色に出くわす

だいぶ日が長くなったね

エスカレーターは上りが好き。

白が来て赤が来て、緑が来る

簡易型全天空星図

枯れ木に花を咲かせる

しらんひと「このバスって降りる場所で料金ちがいますか?」 しらんひと「さあ…ちがうんですか?」 おれ「わかんないです。。。」役に立たねぇ… みんな目的地が同じでしたとさ。

日付間違えてたかと思ってドキッとした。あぶない。

雪に色めき立つのであった。

太陽を追いかけて走れ。

結局もっと図々しくならないとこの世は生き抜いていけないのだな。それでいいのかな。

わんわんお。かわいいなぁかわいいなぁ