camera

新しいカメラやレンズを買うときに僕がしていること

新しいカメラやレンズを買おうかなと考えている時のワクワクはたまらないものがありますが、同じくらい不安もあるものです。ちゃんと映るのかな、持ち歩くのがめんどくさくなって結局使わないままにならないかな、メーカーサイトにあるような作例みたいにと…

もってる機材などを晒してみる

カメラよりカメラバッグ情報欲しいし、ロープロ徹底的にdisりたい。 http://b.hatena.ne.jp/Blue-Period/20140904#bookmark-223466233 情報をまとめるのは大変なのだが、自分の持ってる機材晒していけばいいんじゃね?集合知集合知()と思ったりしたのでひ…

Fujifilm X-M1とAsahi Pentax SMC Takumar 55mm f1.8の相性が良すぎる件について

表題まんまなんですが。もちろんだが、レンズキットでついてきたFujinonも良い描写はする。良い描写はするが使い所は難しい感じ。なんせF3.5-5.6だから露骨に撮影者の技量があらわれるわけだ。 X-M1とFujinon標準ズームレンズ これはほぼ撮って出し。 水の描…

X-M1買った

明治の話を続ける気はありますほんとなんです!ただちょっといろいろあってじっくり書く暇が…暇はないけどX-M1は買った。 おい。 ミラーレスはそんなに興味がなかったんだが、海外に出張で行くとなるとカメラ無しは辛い。かといって仕事場にD90?それはどーな…

明治と写真と戦争 -6

しばらく休載しておりましたが(してたのかよ)、ようやく日露戦争の話でございます国際情勢やばめだけどそんなのかんけーねーので普通にお送りします。はい。俺、日露戦争って与謝野晶子の歌しかならった記憶がないのだが、今回調べたらすごくいっぱい手記…

暇なので俺もフィルムカメラ紹介してやんよ!

http://alfalfalfa.com/archives/6744287.html これみて対象がよくわからん!やり直し!となったので俺がやり直す。まぁどっかで一言言いたくなるものなんです、こういうのはね。 とりあえずなんでもいいから安くフィルムカメラを使いたいけど中古はよくわか…

明治と写真と戦争 -5

というわけでなんだかんだと五回目ですね、斧田です。こんばんは。今回は陸地測量部の話 日本における測量 日本で最初に本格的な測量をしたのは、もちろん皆さんご存知の伊能忠敬で、1800年頃のことです。組織的に測量を行うようになったのは明治時代に入っ…

明治と写真と戦争 -4

さて、今回は日清戦争に従軍した一般人の亀井茲明(かめいこれあき)のお話です。一般人と言っても華族だけども。次回は大本営写真班と陸地測量部のはなしですね! たのしくなってまいりました! 亀井茲明 亀井伯爵ってどっかで多分書いているけど、藤原家の…

明治と写真と戦争 -3

前回ターニングポイントの話をしたところだが、一飛に日露戦争には行きません。今回は西南戦争の話。 西南戦争とは 西南戦争は明治十年(1877)の2月から9月の間に起こった薩摩藩士の反乱。日本最後の内戦のことです。で、俺はよく知らなかったけど、この戦争…

明治と写真と戦争 -2

というわけで1にひき続いて書く。 さっと明治時代のおさらい ちなみに戦後カメラの歴史も書こうかな!とおもったけどまだ一眼レフが出たところまでしか調べてないのでいつになるやら。 とりあえず今回は明治と写真と戦争の関係に絞ってかきます。というわけ…

明治と写真と戦争 その1

歴史を全然知らない俺がカメラの歴史について調べてみたらなぜか日露戦争から抜け出せない件について はい、こんにちは。斧田でございます。 年号が覚えられないので歴史全般が苦手な上に、カタカナが読めなくて世界史は死亡した過去をもってして、歴史はア…

ついに ぴぎゃ は Diana F+ を てにいれた!

というわけでボーナスも出たことだしカメラ買いました。今年入ってから一つも買ってなかったからいーの! 記念すべき11台目は中盤カメラでございます。Diana F+ Rising Editionです。かっちょいい! Diana F+は120mmカメラなんだけど、裏ぶたを変えれば135mm…